カテゴリ:アラスカ( 4 )

アラスカ2014.

f0196605_20585344.jpg

行ってきました!
アラスカはフェアバンクス。
信じられないほどの青い空と乾燥した綺麗な空気のアラスカで、
リミテッドノースアメリカンレースを見てきました。
f0196605_2124267.jpg

f0196605_2135345.jpg

f0196605_216565.jpg

そして、6Dogで優勝したマッシャーにGPSを付けてもらいました。
f0196605_2191895.jpg

トレイルの途中でも見ましたが何せ速かった!
トレイルはパンパンで三日間トレイル整備をしなくても良いほど。
f0196605_21114118.jpg

レース後は8年前に10日間滞在したサルチャ地区のマリホライト宅へ。
寝泊りしたキャビンもそのままでした。
f0196605_2116366.jpg

f0196605_21183760.jpg

このあと、8年前の記憶をたどり、ファーランデブー2014優勝、先週のオープンノースアメリカンでも優勝した、
オープンマッシャーのアーリーレイノルズの犬舎を訪れました。
そしたら何と、英単語しか言えない日本人の突然の訪問にも関わらず、犬舎の中を案内してくれました。
ざっと数えて100頭の犬たちと整然と並んだ犬小屋、ドッグキッチンや室内犬舎がある施設内や10頭繋げるドッグウォーカーを見ることが出来ました。
犬舎全体がすみずみまでよく管理されていて成績を残している理由を垣間見たような気がしました。
にこやかで長身なアーリーと親切で面白いハンドラーに感謝!感謝!
ちなみに、ハンドラーは後でケンチズックのハンドラーと分かりました。
写真はダメと言われたので残念ながらなし。

レースが始まる前は世界一の犬ぞりショップのコールドスポットに行きました。
f0196605_21564654.jpg


まだ、続く、かも。
[PR]
by musher-k | 2014-03-29 22:03 | アラスカ

下準備

実はいつアラスカへ行く決心をしてもよいように、年まえに犬にマイクロチップを入れて1回目の狂犬病の注射を打っていた。
しかも、おじいちゃんの法事で休暇を取った時に家族には内緒でちゃっかりと国際免許も取っていた。
なので、あと1回狂犬病の注射を打って採血をして血清検査へ出せば良かった。
Yachiが先に手続きをしたので要領もわかり、検査センターへ電話しても、同じですね、とすべてを話さずにスムーズにことが済んだ。
のちの犬の輸出に伴う、検疫手続きも同じだった。
ただ、書類がすべて1頭ずつなのと、同じような書類を1頭に何枚も書かなきゃならないのと、1ヶ所でも間違えると許可してもらえないのには心身をすり減らした。
日本を出れらないと、USAに入れないと、USAから出られないと、日本へ入れないとシャレにならない。
同じお役所で仕事をしていながら、言うのも何ですが・・・、
どうにかして欲しい・・・、です。
f0196605_21265848.jpg

Chugiak Dog Musher club - Anchorage (2006.2.28)
[PR]
by musher-k | 2006-01-16 00:00 | アラスカ

国内輸送

あわただしくも日常の仕事とシーズン真っ只中のルーチンワークとさらにアラスカ行きへの手配・準備が始まった。
成田出発が2.28、成田着が3.14。
職場の上司にアラスカ行きでの休暇の許可をいただいた。
丸2週間休み、私の仕事がすべてその上司の負担になるにもかかわらず休暇を快諾してくれた。
心置きなくアラスカへ行ってこれる、本当にありがたい。
出発と帰国が決まったので、成田空港までの輸送の手段を調べた。
時間がかからないのは飛行機輸送。
千歳空港から成田空港へは一人3頭までしか乗せられないとのこと。
札幌の友達が成田空港までとんぼ返りしてくれるとのことなので、予約をしようと思いきや、一人1頭までが手荷物扱いで、あとの2頭は貨物扱い。
そうなると貨物扱いの2頭の輸送代がバカ高い。
2人と6頭で片道30万円もかかってしまう。ムリ。
そうなるとフェリーしかない。
途中でShunを群馬で乗せるので新潟便を考えたが曜日が合わない、大洗便も直江津便もダメ。
結局、行きは苫小牧から仙台、帰りは大洗から苫小牧に乗ることにした。
休暇が増えてしまった・・・、けど、しょうがない。
f0196605_0143077.jpg

Narita Air Port 2006.2.28
[PR]
by musher-k | 2006-01-15 00:00 | アラスカ

決意

1年前からYachiがアラスカへ行くと言っていた。
年が明けても決意は変わらず、やはり、行くらしい。
行って見たいアラスカ。
ポップスが産まれ育ったアラスカ。
今年はまだ早いかも、と思いつつ、岩手県西根大会からの帰りのフェリーの中でアラスカへ行く決心をした。
帰って来て、出迎えてくれたみんなの前で決意を表明した。
驚きとみんなの色んな思いが、一瞬、その場の空気を止めた。

その瞬間からアラスカ行きの手配が始まった。
まずは、航空会社へ電話して6頭の犬を飛行機に乗せられるかどうかの問い合わせ。
成田空港からシアトルタコマ空港までは余裕があるが、タコマ空港からアンカレジまでは1機に10頭までしか乗せられないとのこと。
しかも、犬の運賃はチャックインカウンターに行って見ないとわからない。
どうなっているのだろう。
f0196605_2229437.jpg

f0196605_22292470.jpg

George Parks Highway (Anchorage - Fairbanks) 2006.3.2
[PR]
by musher-k | 2006-01-07 00:00 | アラスカ